FC2ブログ

デジタル時代の音響処理

デジタルな時代のレコーディングをしてみてたくさんのことを学んだ。
デジタルの時代になって一番思うのはまだまだソフトが追いついていないことだ。
何せアナログであれば簡単な周波数を自由にスイープできるようなコントロールが
決められた周波数にのみ限定されてしまうレベルであること。

同時に2つのパラメーターをコントロールすることができない。
コントロールするのにロータリーコントロールができないなど
調整する機能自体がまだまだデジタル化する初期のレベルであること

インターフェースも同じレベルから進歩していないことなどなど

しかし、すでに時代の流れとしてはコスト的にデジタルコントロールのほうが
絶対的に有利なのである。

コンプレッサーのモデリングとしてはすでにデジタルの可能性が見えている
エフェクターとしてもある程度のレベルに達している

問題はイコライザーの周波数の問題でたとえ1ヘルツ単位でコントロールできても
1ヘルツの間はしばらく技術的に無理だろう

デジタルオーディオは低域からサンプリングから決まる高域までフラットに記録できる
さらに忠実に再生できる。デジタルパワーアンプでは特に低域の分解能が
アナログより正確にコントロールできるメリットがある。

いろいろ今回確認したのは低域の周波数が正確に記録再生可能なら
イコライザーの使用はなるべく避けてフラットな周波数で音作りが可能であること

低域をローカットすることの位相的な弊害のほうがはっきり出てくる状況であることなど

以降別ページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR