FC2ブログ

アート

オーディオとアートの関係について
音楽の再生装置などではすでにアートの領域に至る作品がたくさんある。
その多くは出来上がったCDなどをよりリアルに再生する機材やそのセッティングの
方法論で音響空間を作るレベルだと思う。ライブ音響は演奏されている音楽を
音響空間にダイレクトに伝える演奏との同時進行の時間にのみ存在する。

その時空をどのように構成するかが音響エンジニアのアートな領域だと思う。
時空を構成するその瞬間に最適な音場を構成するには音響に関する知識に
完璧な方法論を理解したうえで構成する機材を生かして必要なコントロールの要素を
すべて調整して作り上げる空間なのだ。

デジタルでコントロールする場合はすべての調整でパラメーターの妥協が必要で
アートのレベルではなかなか扱いにくい感覚的というよりは論理的な判断が要求される。
左脳的なロジックでの判断は時間的な遅れを伴うので同じ時間内にコントロールできる
パラメーターが限られてしまうのがアナログとの最終的な情報量の差として出てしまうのだ。

アナログの世界ではすべては調整と耳の感覚でよいと思われる瞬間の反応で
右脳的な判断ができる。これだけで十分なのだけど・・・・

ただしアナログはクオリティをキープするのにはコストがかかるのが一番の問題だ。

ソフト的にクロストークがほとんど存在しないデジタルの世界の明解な音質は
アナログで同じだけを要求するにはすべての回路を十分なダイナミックレンジと
正しいバランス回路で構成しているのが最低条件になる。

特にアナログのミックス回路では原理的に隣接回路との影響は無視できない。
またデジタルではレイテンシーの管理が最終的な音質を決めてしまうほど重要だ。

将来性としてアナログのよい点を優れたアルゴリズムでデジタルソフト化できれば
デジタルがコスト的にも有利だと思う。

レガシーなアナログ機材も使いこなしでいまだに十分な能力を出せることも
現実的なシステムとしてはコスト的に優れているとも思う。

どんな芸術家でも自分の作品を作り上げる道具には徹底的にこだわり
仕上がりを想像する能力がどの範囲であるのか理解している。

音響についてその部分を語るより秘密にするエンジニアのほうが多いのは
説明してもなかなか一般論として理解されないことが多いからだと最近思う。

そして百聞は一見にしかずのことわざのように左脳的に判断されると
まず理解は不可能だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR