FC2ブログ

アナログオーディオ

オーディオのデジタル化は高音質の定義では
再生の安定性や復元性に大きな進歩であった。

アナログのよい部分が進化とともに変化している。

たとえば真空管の時代では波形の対象性をAクラスアンプで増幅することで
高い周波数までひずみの少ない音で再生できた。
今では波形の対象性は無視するが超高域までサンプリングするので
結果的に高音質を得ることができるということになっている。

入り口のマイクアンプはいまだにアナログでありその品質がデジタル化の
ベースになるので重要だ。

さらにデジタル化では多方面でコントロールされるのでどうしても音が再生されるのに
時間がかかる。(レイテンシーの問題)

アナログでは電気的なスピードで音が伝わるので基本的にリアルタイムで再生される。

なぜか我が家のPA機材はリバーブ以外アナログで10年以上昔の機材
レコーディングはデジタル機材とパソコンだけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くま

Author:くま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR