FC2ブログ

ライブレコーディング顛末記

ライブレコーディングのプロジェクトを始めたのが、6月のはじめ9月の半ばまで

かかって仕上げた音源は、正直時間をかけずに音のバランスと音質といった
作業で終わってしまった。時間のない中のプレッシャーのあるミックスは正直
作業全体の流れの中でいろいろ反省する。

結果は神が降りたWesingで終わりよければ・・・・

今回の反省点
今回2日間ということで作業時間も一回聞くだけで4時間とかなので、
バックアップもハードディスクでは待ち時間が長い。
プロダクションミーティングや仕上がりの打ち合わせなどがなく
ある意味自由にできた部分も大きいが、時間軸の問題はこれからの課題

ライブミックスは最終的に体育館で実際に音を鳴らしてライブ感を演出してみた。
初めての試みと思うが世界では似たようなことをやっているとも思う。

DVDではライブ音源のオーディエンスマイクを中心にシンクロさせて普段とまったく発想を切り替えて
マルチ収録した音を付加するようなある意味細かい作業は省略して仕上げてみた。

マスタリングは最終的な仕上げとして必要な作業と思う。
まったく機材も録音と用途が違う、マスタリングの発想も違う。
そんな経験をした今回のCD作品の音響製作無事終了。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR